神様へのお供物

わたしの経験があなたにも当てはまるなら

レール

将来が約束された

出世街道、まっしぐらのはずが

エリートコースから外れてしまった

名門大学にまた落ちてしまった

一流企業に採用されなった

キャリア組に入るはずが

わたしはレールから外れてしまった

人生が終わった

 

わたしはどうしてしまったのだろう

頭のいい、優秀なわたしが

頭のいいわたしが現実さえ見えない

頭のいいわたしが事実さえ分からない

頭のいいわたしに限って、そんなはずはない

わたしは優秀なのだから

 

わたしは幻想を生きている

わたしにはそれがリアルな世界

レールがどこにある?

コースがどこにある?

将来が約束された?

一秒先の未来さえ分からないわたしが?

的中率100%の預言者でもないわたしが?

あり得ない

誰が作り出したレール?

親の教え?先生の教え?社会の要求?

まさか!?

仮にそうだとして、誰かに強制された?

まさか!?

仮にそうだとして、どうして、心の中にまで取り込んだ?

どうして、信じることができた?事実でさえないものを

どうして、幻と事実をすり替えられた?

わたしは何もなかったところに新たに作り出す

やがて、わたしはその自分が作り出したものに縛られる

わたしは理性的だったはず

これではまるで信者

盲目的な信者

 

どれもこれも幻

頭のいい、優秀なわたしが

優秀?

誰かよりも優れている、誰かよりも秀でている

誰かよりも?

それさえもおかしい

わたしは誰とも違う

わたしはわたしで、あなたはあなた

比較の対象にもならない

比べることはできない

それが事実

 

あれもこれも幻

まるで自己催眠、洗脳状態

わたしはどうしてしまったのだろう

頭のいいわたしがどうしてこんなことになったのだろう