神様へのお供物

わたしの経験があなたにも当てはまるなら

世界を股にかける

原初のわたしは自由だった

「べき、ねばならない」は後から来たもの

「べき、ねばならない」など、実在するのだろうか

わたしは子ども心に知っていた

その言葉を発する大人たちから、嫌な力を感じていた

抑え付けられるような、暴力に似た力

 

疑問と違和感を持ちながら、大人になろうとしたのかもしれない

「べき、ねばならない」という絶対的で、正しそうなものを

わたしは心の中に受け入れ始めた

そこから、おかしくなった

次第に力を失い始めた

 

ありのままのわたしが、分からなくなってしまった

「ありのままでいい」は、気楽な言葉ではない

現実逃避のような、生ぬるい言葉ではない

ありのままでいるだけで、力を受け取ることができた

自分の人生の答えを自分の中から導き出せた

「べき、ねばならない」を受け入れてから

答えを外側のどこかに求めた

それはいつまで経っても見つからなかった

初めからどこにも存在しなかったのだから

 

わたしはこの辺りの理解ができていなかった

整理されず、混沌としていた

わたしはようやく気がついた

わたしは二つの世界を股にかけていた

 

自然界と社会

わたしにはふたりのわたしがいた

原初のわたしと後からできたわたし

具体的な個人としてのわたしと、集団の中のひとりとしてのわたし

自由なわたしと制限のあるわたし

本心のわたしと建前のわたし

自然界には自然界の、社会には社会のルールがある

世界には相容れず

不可侵のままでいた方がいいこともあるのだろう

両立することでヒトは輝けるのかもしれない

若いわたしには、この辺りの“建前”が分からなかった

 

もう一度、原初のわたしに戻る時が来た

そうすれば、わたしは輝く、世界は輝く

ありのままを思い出した者たちが

自分の役割を自覚した者たちが、自分を生かす

すべては違った存在

すべてはたったのひとつ

同じものはふたつとしてない

多種多様であるという、当たり前過ぎる、ただの事実が

殺されることなく、躊躇されることなく

そのまま発揮されてしまう

創造性の世界は、否応なしに飛躍してしまう

世界は創造の力そのもの、前進する力そのもの、進化そのもの

創造性の飛躍を世界は歓ぶに違いない

創造性の飛躍を拒むことができるだろうか

世界に逆らってまで、生きていられるだろうか