事実の力 実在する力

わたしの体験があなたにも当てはまるなら

スタンダードが手に入らない

わたしが欲しいものはスタンダードです

特別なものは要りません

それでもなかなか手に入りません

人によって言うこと、することが違います

微妙に違うこともあれば大きく違うこともあります

一体どこへ行けば見つかるのでしょうか

わたしはスタンダードだけで構いません

 

わたしは普通で構いません

世間一般の平均的なものが欲しいのです

みんなのような普通の幸せを手に入れたい

それは上手く行きません

まだまだみんなには追いつけません

わたしだけが置いて行かれます

 

 スタンダード、普通、一般、平均

空気のように、水のようにありふれたものです

それでもどうして手に入らないのでしょう

掴めそうで掴めません

それはどこにあるのでしょう

どうしてわたしはそれを追うのでしょう

わたしの中にある何かがわたしの眼を眩ませます

実際に存在しないもの、言い換えれば幻です

幻を実在するものに見せかけます

 

スタンダード、普通、一般、平均

空気のように、水のようにありふれたものです

それでも決して手に入りません

それは実在できないからです

頭の中にしかない観念だからです

だから見つからない、掴めない、手に入らない

追いかけた末にわたしは疲れてしまいます

 

どうしてこんな事になったのでしょう

原因はわたしの中にある何かです

わたしの基礎を成すもの

わたしの中にあるワタシという自我です

ワタシという自我の一側面、性質、傾向です

それは実在しないものを実在するように

事実でないものを事実のようにわたしに見せます

そのことでわたしを苦しめます

わたしを苦しめることで自我は大きくなろうとします

自分の中に自分を苦しめるものがいる

そのことに気がつけるでしょうか