神様へのお供物

わたしの経験があなたにも当てはまるなら

ひとり遊び

あなたはわたしをどう見ているの?

わたしがあなたを見ているように、見ているの?

わたしの意識とあなたの意識は同じ?

みんな、同じ意識を共有しているの?

わたしが見ているあなたは、わたしの意識が造ったあなた?

あなたが見ているわたしは、あなたの意識が造ったわたし?

凄いのは、意識を持ったすべての者が

それぞれの意識が造った世界を生きている

それにもかかわらず、この世界は上手く機能していること

エラーがなく、整合性が取れていること

 

でも、本当のところは分からない

わたしはわたしの世界しか知らないから

あなたの世界も、他の誰かの世界も体験できないから

あなたはわたしをどう見ているの?

わたしがあなたを見ているように、見ているの?

わたしの意識とあなたの意識は同じ?

みんな、同じ意識を共有しているの?

わたしみたいな意識を、あなたは持っているの?

 

あの日の体験

わたしは宇宙のような暗闇にいた

わたしさえもいない暗闇

主観と呼ばれる、ただの視点だけがあった

 

わたしは体をなくしても、主観をなくすことはできないのだろうか

わたしは体から離れても、意識から離れることはできないのだろうか

 永遠に自分の意識の外側へは行けない

わたしはひとり

これはわたしのひとり遊びだろうか