事実の力

わたしの経験があなたにも当てはまるなら

最深部

心の底

一番深いところ

本心からの要求は生きていた

 

社会に馴染もうとし始めた頃

わたしは本心を気にしなくなった

それでも、本心からの要求は生きていた

わたしが労働に明け暮れている頃

わたしは完全に本心を忘れた

それでも、わたしの自覚を完全に越えても

本心からの要求は生きていた

わたしが一人前の社会人になろうとしている時

並行して、本心からの要求も育っていた

 

わたしは何のために生まれて来たのか

労働を越えた、わたしの仕事は何なのか

一晩中、自問自答して歩いた日

青年時代のわたし

本心のわたしはそこにいた

本心はわたしの知らないところで生きていた

わたしの自覚から離れたところで

独自の成長を遂げていた

 

わたしは遂にあの日のわたしに出会う

自覚しているわたしの人生に

意識の下で並走して来た、本心のわたしが合流する

わたしは何のために生まれて来たのか

労働を越えた、わたしの仕事は何なのか

答えが現れた

 

わたしはこの日のために生きていた

わたしの人生は、わたしが思っているような人生ではなかった

永い間、ずっと準備をしていた

わたしの自覚を越えて、わたしは育っていた