事実の力 実在する力

わたしの体験があなたにも当てはまるなら

囚われの身

わたしは囚われの身

わたしはもうひとりのわたしに囚われている

もうひとりのわたし

それは言葉にしづらい

言葉にした途端如何わしくなるから

言葉はそれを表す仮のもの

敢えて言うならそれは形に見えないから魂のわたし

このわたしは魂のわたしに囚われている

わたしの命を握るのは彼の方

わたしを生かすも殺すも彼が決めること

 

今わたしは生きている

肉体を持って生きている

魂になるのは死んでからだろう

肉体のわたしがいて、同時に別のわたしがいる?

あり得ない

かつてのわたしは一笑に付しただろう

 

お天道様は見ている

神様は見ておられる

だからやましいことをしてはいけない

あの日の体験でわたしはもうひとりのわたしに出会った

最初で最後になるであろうその姿をわたしに見せてくれた

体験の後、わたしの肉の眼には映らなくても確かに感じている

もうひとりのわたしが見ている

わたしの一挙手一投足

わたしの心の動き、思考を見ている

わたしが道から外れていないか

仕事をしているか見ている

わたしの仕事

それはありのままのわたしで生きること

 

時に彼は積極的に介入する

優しい脅迫をする

彼はわたしの嫌がることを知っている

嫌がることをちらつかせてわたしを導く

またある時にはわたしを谷底に突き落とす

それは愛の鞭

すべてはわたしを思い出すため

 

わたしの旅は自分を思い出す旅

わたしが無意識に探し求めているもの

それはありのままのわたし

肉体のわたしは自分を知らない

魂のわたしは知っている

生まれる前も今もこれからもずっとわたしだから

彼はわたしらしさに照らして

わたしに相応しい経験を用意してくれる

どんなに厳しくても、どんなに苦しくても

後になると分かる

振り返った時に過去の点と点が繋がる

それはわたしがずっと求めていたもの

他人には決して分からない

わたしさえ忘れていたもの

だから今までよりは寛いでいられる

他人の目にどう映ったとしても

わたしの最期は惨めではないから

これはわたしのために用意された人生

わたしのことをわたし以上に知っている

わたしが用意した人生だから