事実の力 実在する力

わたしの体験があなたにも当てはまるなら

正しさ

正しさとは何でしょう

例えば教科書に載っていることです

教科書と言ってもたくさんあります

著者によって中身が違います

正しさがたくさんあるということでしょうか

教科書に載っていても使えないものが沢山あります

使えない正しさにどんな価値があるのでしょうか

 

教科書は改訂されます

正しさは変わるということでしょうか

世界もわたしも絶えず変化し、進化しています

繰り返しのない常に新しい今を生きています

だから正しさも変わります

 

わたしは正しさに囚われます

正しさは完成されたもの、固定化されたものに見えます

「答えや真理はひとつで、どこかにあるに違いない」

わたしはそう思っています

それはわたしの思い癖に過ぎません

事実かどうかも分からないただの想像です

それでもわたしにはそれが事実に見えてしまいます

 

わたしは「本来は」という言葉を口にします

世界もわたしも絶えず変化し、進化しています

過去から未来へ

停止を知らない、後戻りのできない流れに生きています

そんな世界とわたしに

「本来は」ということがあるのでしょうか

 

人の数だけ教科書があります、人の数だけ正しさがあります

正しさは常に変化します

どうしてわたしはそんな正しさに囚われるのでしょうか

どうしてわたしはそんな正しさを振りかざすのでしょうか

どうしてわたしは「正しさ」などと言うのでしょうか

そもそも「正しさ」と言う必要があったのでしょうか