事実の力

わたしの経験があなたにも当てはまるなら

疑い

あの霊的体験はただの幻で終わらなかった

大人が子どもに戻れないように

わたしは以前のわたしに戻れなくなった

不思議なことに

わたしを苦しめていた原因が極端に薄くなった

それと同時に、その原因が日増しに明らかになって行く

原因は枝のようにいくつもあるように見える

目を凝らせば、枝は一本にまとまって行く

根本原因は、わたしの中にあるワタシだったことを知る

そのワタシは年齢と変わらないくらい長い間

わたしを乗っ取って生きて来た

世間で言われる、自我というやつ

2、3歳頃に芽生える、わたしという認識

その中にある、ただの自己認識を越えたワタシ

 

お前は自分の中にある自分に乗っ取られている

お前の苦しみの原因はそれだ

今のわたしが以前のわたしに力説しても、聞いてもらえないだろう

 

疑うことは悪いこととは思えない

偏りの少ない疑いは創造的で前向きなものに思える

自分を肯定することと自分を疑うこと

その両方が必要かもしれない

 

わたしは、わたしそのものを疑えるだろうか

否定された時に、崩れてしまうかもしれない

わたしの土台そのものから疑えるだろうか

わたしの考え方そのものが何かに偏っている

 与えられた価値観を無自覚に受け入れている

それをフィルターとして、わたしは世界を見ている

そのことに気づけるだろうか

千人、一万人、百万人がイエスと言っても

違うかもしれない、と思えることがある

その閃きを尊重できるだろうか

表には出さなくても、心の中でそんな自分を信じてやれるだろうか

疑った先に現れた気づき

それがわたしに都合の悪いことでも、受け入れられるだろうか

わたしの頭の悪さ、目の悪さ、感覚の鈍さ

わたしの出来の悪さ、性能の低さ

わたしそのもののおかしさ

仮に間違いがこの世にあったとして

仮にわたしそのものが間違いだと気づいたとして

それを受け入れられるだろうか

 

わたしは、わたしそのものを疑えるだろうか

否定された時に崩れてしまうかもしれない

わたしの土台そのものから疑えるだろうか

できる限り偏りの少ない、中立な疑い

疑ってやろうという意図のない

ただ知りたい、という好奇心に似た子どもの疑い

わたしへの疑いは、わたしを次のステージ引き上げてくれる