事実の力

わたしの経験があなたにも当てはまるなら

ヒトの本性は善か悪か

性善説、性悪説

性悪説だとすれば、悪は何を指すのだろう

ヒトが持って生まれた罪とは何だろう

 

かつての聖者はこう言ったらしい

「動物や植物から学ぼう」

これは何を意味するのだろう

向かいの犬はいつものように走り回り

庭のチューリップはいつものように風に揺れ

太陽はいつものように燦燦と輝き

ツバメはいつものように風を切って、スウィングしている

 

わたしはどうだろう

具合が悪いわけでもないわたしは、深刻な顔をしている

 

彼らは夢中に、ただひたすら、彼らであるように見える

装うわけではなく、他の視線を気にするわけでもなく

ただ100%の自分で、瞬間、瞬間に生きている

それが彼らの仕事に見える

 

わたしは自分のままでなく

他人になろうとし、誰かの理想像になろうとする

自分らしささえも分からなくなっている

心と振る舞いが違う

他人の視線が気になる

流行り、常識、平均、世間体が気になる

それどころか、それに同化しようとする

いつ起こるか分からないことに囚われている

もう過ぎてしまったことに囚われている

あいつが気に入らないと

今、ここで起きていないことに囚われている

そのことにさえ気づかないでいる

 

今のわたしでない誰かにならなければ、わたしは認められない

誰に認められない?

わたしに?

一番にならなければ

あの学校、あの会社に入らなければ

出世して、あのポストに就かなければ

あのブランド品を持たなければ

家族を持たなければ

体がああならなければ

収入がいくらにならなければ

 

持って生まれた悪、罪があるとすれば

存在することさえ難しい大宇宙に生まれ

生まれることさえ難しい命を与えられ

それにもかかわらず

今に生きることしかできないわたしが、今になく

わたしでしかいられないわたしが、わたしでない

このわたしの在り方かもしれない

二、三歳の頃

芽生え始める自我というやつのことかもしれない

深刻な顔をし、ワタシという自我に囚われている

そのことにさえ気づかない

このわたしの在り方、そのものかもしれない