事実の力

わたしの経験があなたにも当てはまるなら

歯車

わたしはたった一本の道を行く

生まれる前に決めた

人生のテーマを経験するために

わたしの目の前に広がる

可能性という無数の選択肢

どれを選んでも、わたしのテーマが入っているのだろう

 

あなたとわたしが出逢う

テーマの違う、ふたつの人生が噛み合う

互いに必要な時に

遅くなく、早くなく

ピタリと噛み合う

わたしはあなたから受け取り

あなたはわたしから受け取る

わたしとあなたで創り上げた出来事から受け取る

仕事が終われば、歯車は離れ合う

歯車たちに咬ませ犬や踏み台はなく

独り占めできる者はおらず

繋がりを断たれた者もいない

 

今もわたしは一本の道を行く

今も誰かに出会う

出会わなくても

繋がりを感じられなくても

繋がりを断つことはできない

わたしはあなたから何を得たのだろう

あなたはわたしから何を得たのだろう

今のわたしにはいつも分からない

掴んだと思っても、後から見当違いを知る

分かるのはいつも過ぎた時

過去の点と点が繋がり始め、一本の線になって行く

事実は小説よりも奇なり

人生は映画よりも奇なり

わたしはエンドロールが流れる頃、何を知るのだろう