事実の力

わたしの経験があなたにも当てはまるなら

夢だったなら

もし、この現実が長い夢だったなら

現実は眠りの世界よりも正確で、完璧で長い夢

体を持たない、もうひとりのわたし

魂としてのわたしがわたしの主で

そのわたしが生きる世界を「現実」と呼べば

現実と夢は入れ換わるかもしれない

 

魂としてのわたしは生まれることを知らず

なくなることも知らない

そのわたしから生まれた、ここにいるわたし

永遠のわたしから見れば、この現実は一瞬の瞬き

 

この現実が夢だったなら

それでも、わたしは深刻な顔をするだろうか

それでも、わたしはふつうであろうとするだろうか

それでも、わたしは人目を気にするだろうか

それでも、わたしは遠慮するだろうか

 

この現実が夢だったなら

それでも、わたしは蓄えてばかりいるだろうか

それでも、わたしは卑下するだろうか

それでも、わたしは何かを恐れるだろうか

それでも、わたしは「歳を取り過ぎた、もう遅い」と言うだろうか

 

この現実がなりたい自分になれる夢の世界だったなら

それでも、わたしは苛立ち、ぼやいて過ごすだろうか

それでも、わたしは諦めるだろうか

それでも、わたしは今の生き方を続けるだろうか