事実の力 実在する力

わたしの体験があなたにも当てはまるなら

良識

日本のある哲学者は常識を疑う力を良識と呼びました

良識は哲学と言ってもいいかもしれません

 今は哲学の時代と言います

哲学ほど誤用されて来た言葉は珍しいかもしれません

ある著名人の名前を冠して使われることが多い、哲学という言葉

ある著名人の人生哲学、経営哲学

それは私的な思想や主義です

個人的な意見やものの見方です

元々の哲学が何にも偏らず、客観的に、普遍的に、論理的に考える

そういう意味なら、これ程の誤用はないかもしれません

 

社会が「今は哲学の時代」と言います

今の社会が本当にそこまで成長したのでしょうか

常識や道徳、倫理観までも超えてしまう哲学です

本当に受け入れられるのでしょうか

今の社会がどの段階にあるかは分かりません

それでも世界は哲学を求め、良識を求めています

 

哲学と良識

それはわたしの常識を超えます

見て、聞いて、感じて、考えることのできる世界を超えます

この小さな現実世界を超えて

外側のより大きな世界を教えてくれます

別世界が他にもあることを教えてくれます

わたしの中にある、わたしの基礎を成すもの

ワタシという自我そのものに意識を向けさせます

ワタシがもたらす幻想の罠を炙り出します

ワタシがわたしを苦しめて来た事実に光を当てます

哲学と良識

それは世界とわたしの進化に欠かせないものになります