事実の力

わたしの経験があなたにも当てはまるなら

常識

素晴らしい仕事をする人たちや

偉業を成し遂げた人たちに共通の言葉がある

「常識にとらわれずに」

偉人たちは出し惜しみをせずにコツを教えてくれている

 

それでもわたしはその言葉に耳を貸さない

全くひっかからない

わたしは一生懸命に教科書から学ぼうとする

わたしはすでにあるものを習得しようとする

すでにあるものや教科書は間違いないと、信じ込んでいる

「一般的に」

「本来は」

ぼんやりとして、それでいて正しそうな

わたしはそういうものに弱い

わたしは常識を超えられない

 

常識を超えて、質の高い仕事をする人たち

彼らは、かつて常識や教科書の通りにやって来た

むしろ、常識人よりも熱心な常識人だった

それでも、求めたものは得られなかった

そこから、良識というもので常識や教科書を疑い始めた

そして、心の中で常識を捨てた

 

常識とはなんだろうか

全くダメではないけれど、全くよくもない

質の高い仕事をするための

超えるための印だろうか