事実の力

わたしの経験があなたにも当てはまるなら

赤い惑星 青い惑星

遮るものが何もない

人工物の見えないこの場所で

地球の風に吹かれて、火星を想う

 

空と砂漠、岩石、遠くに岩山が見える

強風が雲を押し流して行く

昔は大きな海もあったという

手付かずの大地

この星もかつてはそうだったのだろう

わたしが暮らしているこの地域も、火星の大地も

宇宙の大地

 

生まれ年も近いという

兄弟姉妹のよう

地球の外側、リズムを崩さず

自転をしながら

テンポを乱さず、道を外さず

公転している

機械仕掛け

コンピュータ制御されているよう

どうして動いているのだろう

エネルギー源はどこにあるのだろう

不思議な世界

世界そのものが生き物

 

火星にも季節があるらしい

自転する軸が傾いているからだという

「季節は巡る」と言う

この国には四季がある

春、夏、秋、冬というものがあって

それがやって来ると思っていた

「そうか、地球が傾いて回っているせいなのか」

不思議な世界

世界そのものが生き物