事実の力 実在する力

わたしの体験があなたにも当てはまるなら

相手のいない会話

いつから始めたのだろう

三歳頃から自我が芽生えると言う

ほとんど年齢と変わらないくらいだろうか

もう何十年も続けてきた

 

いつの間にか始まっている

相手のことをほとんど知らないわたしが

ひとつの不出来をわざわざ取り出して来る

批判し、否定し、見下す

そしてわたしの方が優れていると言う

あの一言が、あの表情、態度が気に入らないと言い

反撃し、相手を裁く

何度も何度も執拗に繰り返す

怒り、不満の類は握りしめて離さない

起きたこと以上に話は展開して行く

 

事実はどうだったのだろうか

相手はどういう意図だったのだろうか

あの一言も表情も態度も分からない

わたしの想像でしかない

わたしが作り上げた相手と物語

思い込みの世界

楽しいことも気持ちが晴れることもなかった

わたしは暴力を振るうあの時の体の熱さと

血を汚すような不快感の中にいた

 

目の前にはいつも誰もいなかった

現実ではなかった

事実でもなかった

空想、幻想に過ぎなかった