事実の力 実在する力

わたしの体験があなたにも当てはまるなら

一筋の光

暗い部屋

抜け出せない

やめられない

あいつが悪い

環境が悪い

自分が悪い

自業自得

やり場のない怒り

わたしには何もできない

もう手遅れ

わたしだけが置いて行かれる

どうしてこんなに間違えたのだろう

もう終わりに思える

堂々巡り

出口が見えない

 

社会人として、大人の男として、女として

20代、30代、40代でしておくべきこと

あるべき姿、「ふつうは」

他人や社会からの要求

誰かが作り出した価値観や理想像、幸せのかたち

それはわたしと同じような誰かが作り出したものです

所が変われば変わり、時代が変われば変わる

相対的で流動的なものです

それを変わらないものにして受け入れたのはわたしです

そしてそこから外れてしまったのもわたしです

 

あるべき姿とは

「ねばならない」とは

実際に存在したのでしょうか

それは集団を維持するためのもの

とりあえず一旦は受け入れる

ゲームのルールのようなもの

建前のようなものではなかったでしょうか

 

どうしてわたしは心の中にまで取り込んだのでしょう

どうしてわたしは自分を苦しめるまでになったのでしょう

どうして誰も教えてくれなかったのでしょう

どうしてわたしは実際に存在もしない幻を見ていたのでしょう

 

あるべき姿とは

「ねばならない」とは

実際に存在したのでしょうか

自然界を見渡してもどこにも存在しません

「何を言っている!」

「人間は社会に生きていて野生を生きるわけではないだろう」

こんな声が聞こえて来そうです

わたしは自然界から離れても

実際に存在する世界から離れても

それでもわたしは生きていられるのでしょうか