事実の力

わたしの経験があなたにも当てはまるなら

意識  ~祝福ⅱ~

わたしがここにいるという感じ

暗闇の中、体を持たず

その感じだけがそこにあった

いつもの意識だけがそこにあった

 

思い返せば、嬉しいこと、楽しいことよりも

暗い記憶の方が残っている

つまらない、もどかしい、腹が立つ

足りない、できない、持っていない

寂しい、苦しい、止めてしまいたい

わたしが望まなかった経験と、それに付いて回る感情を

わたしはずっとずっと経験したかった、味わいたかった

 

暗い感情は積もるようで

今までのわたしの殻が破れる、その時を待っていた

主人公が代わる

あの暗闇にいたわたしが今からこの体を纏い、生きていく

 

「ああ、やっとここまで来られた」

 

わたしはただ歳を取るとしか思わなかった

わたしの意識はわたしの知らないところで進化していた

人類の自我からの目覚めが始まっている